渡り線

 「渡り線」とは,鉄道車両が別の線路に移るために使う線路のことである。
 殊に別の路線が分岐する駅では,複数の渡り線を使って別の路線に入ることがある。電車に乗っていて最前部でこれを見届けるのが至高の楽しみと言ったら大げさだろうか。

 東北本線下り線(左)~宝積寺駅の中線(中右)~東北本線上り線(右)~烏山線(右奥)
イメージ 1

 東金線(手前)~外房線下り線(左から2本目)~外房線上り線(左)
イメージ 4

 東海道本線下り線(左)~東海道本線上り線(右)~美濃赤坂支線(右奥)
 天下の東海道本線だが,本数が少ない大垣~米原だからできる芸当だ。
イメージ 2

 関西本線上り線(左から2本目)~関西本線下り線(手前左)~和歌山線右奥)
イメージ 3

 掛川駅始発で浜松方面へ行く下り列車も,上り線(列車がいる線路)を横断して下り線に入る。右は,天竜浜名湖鉄道の線路で,真ん中にある黒い標柱の奥に東海道本線から天竜浜名湖鉄道への渡り線がある。
イメージ 5